妊娠中の不安に

妊娠中の不安に

妊娠中は女性ホルモンの変化が見られるため、不安やイライラなど精神状態の変化を感じる方も多くなっています。妊娠中の精神的変化はホルモンだけの問題ではなく、初めての妊娠やお産に不安を抱えることも原因です。

 

妊娠中のホルモン変化は、妊娠初期にhCGが増えて流産を防ぎ、徐々にエストロゲンとプロゲステロンの分泌量が増えていきます。とくに精神的に影響を与えるのはプロゲステロンで、生理前のようなイライラや不安感を感じる方もいます。このホルモンのピークは妊娠後期ですから、この時期が近くなると不安感を感じる女性が増えてきます。

 

妊娠中は短期間の間に女性ホルモンが上がったり下がったりと、急激に変化するため、女性の精神状態がついていかないこともあります。この変化は妊娠中だけでなく、産後も女性ホルモンの分泌量が変わり、感じる人もいます。

 

妊娠中の不安感やイライラをどうにか止めたいと感じる方は、ラクトフェリンを摂取してみましょう。この成分は母乳にも含まれているのですが、赤ちゃんに与えることで精神のリラックス作用も与えていることがわかっています。授乳中に赤ちゃんが寝てしまうのも、ラクトフェリンの精神安定作用からなのです。