カンジダ菌退治に

カンジダ菌退治に

妊娠中や産後は膣に痒みを感じて病院に行くと、カンジダ膣炎だったケースも見られています。実は妊娠中や産後の女性ホルモンの変化で、カンジダ菌が増殖しやすくなってしまうのです。これは多くの女性が経験することですから、特別なことではありません。

 

カンジダ菌はもともと人の皮膚にも存在している菌で、どこにでもあります。いつもは菌のバランスが上手く保たれていて、カンジダ菌は増殖することはありません。しかし、妊娠中は女性ホルモンの変化により増殖しやすく、さらに出産後の体力低下などで免疫力が落ちてカンジダ膣炎になる人がいます。

 

膣の痒みやただれが見られますから、異常が出たら医師に相談して抗生物質を処方してもらいましょう。一度発症すると、免疫力が低下した際にまた再発する方もいるため注意が必要です。

 

妊娠中の方、産後の方、発症を繰り返す方などにも、ラクトフェリンはおすすめできます。ラクトフェリンはカンジダ菌の増殖を食い止める効果があるため、飲み続けることで予防することができます。一度なると掻き壊してしまい大変な思いをする方や、恥ずかしくて受診できない方もいるためラクトフェリンで対策してみましょう。