歯周病の予防に

歯周病の予防に

妊娠中に歯周病にかかるのはできるだけ避けるようにしましょう。妊娠中はつわりで歯磨きが丁寧にできなかったり、体調不良で口の中のケアが滞りがちです。妊婦さんはどうしても口の中のトラブルが起こりやすいため、ラクトフェリンで対策してみましょう。

 

歯周病は口の中の問題を引き起こすだけでなく、全身に影響することがわかってきました。糖尿病や心筋梗塞のリスクが高まることも判明しており、口の中の問題だけに留まりません。歯周病菌は口の中で増殖し、血液を通して全身に運ばれます。

 

妊娠中になぜ歯周病にかかっていけないかというと、早産や流産のリスクが高まるからです。海外で早産の人を調査すると、歯周病の人が多かったというデータもあります。まさか口の中のトラブルが赤ちゃんまで影響するとは考えにくい方も多いのではないでしょうか。

 

歯周病菌が血液を通して全身に伝わると、子宮収縮物質が分泌されることがわかっています。歯周病菌は様々な箇所へ炎症を起こす原因となり、それを食い止める物質が分泌しだし、結果的に子宮が収縮してしまうのです。

 

ラクトフェリンは歯周病予防の研究も多く行われている物質で、この成分の抗菌性を利用し歯周病の予防から治療まで使えるのではないかといわれています。