C型肝炎ウイルス

C型肝炎ウイルス

妊娠中にはC型肝炎にかかっているかの検査が行われます。血液検査にて抗体があるか調べると、キャリアなのかがわかります。C型肝炎とはC型肝炎ウイルスに感染したのが原因で、感染した人がすべて発症するわけではありません。感染しても30%程度は自然治癒し、何も症状が出ないこともあるのです。

 

そのため本人はC型肝炎にかかったことにまったく気が付かないケースも見られています。一度治癒してしまえば母子感染の心配はありませんから、心配することはないでしょう。問題となるのは感染しているのに発症せず、体内にウイルスが潜んでいるキャリアの場合です。潜伏状態が続いていると将来肝硬変などに移行する可能性があり、妊娠中でも母子感染するリスクがあります。

 

母子感染の率はそれ程高くないものの、母体の血液を通し母子感染するリスクが考えられます。現在はC型肝炎の感染を防ぐ措置はないため、妊娠中にわかってしまった方は不安を抱えているでしょう。

 

実はラクトフェリンは、C型肝炎ウイルスにも効果があるといわれているのです。もし妊娠中に検査で感染していることがわかったら、感染予防としてラクトフェリンを使ってみるのも良いでしょう。