妊娠中のサプリ選び

妊娠中のサプリ選び

サプリメントは食品の位置づけのため、妊娠中でも授乳中でも問題なく飲むことができます。しかし、妊娠中となると赤ちゃんへの影響を少しでも減らしたい方は多いと思いますから、慎重にサプリ選びをしてみましょう。

 

選ぶ際にはできるだけ国産メーカーのサプリメントをおすすめします。海外の製品だと原料がどのようなものなのかわかりにくく、原料の製造国も判断しにくいでしょう。国産のサプリなら、原料はパッケージを見て判断でき、信頼できるメーカーなら材料の製造国なども記載していることがあります。

 

そして重要なのが、サプリメントに加えられている添加物です。できるだけ余計な成分を配合していない商品を選び、シンプルな配合成分の商品を選びましょう。乳酸菌やビフィズス菌が添加されたものなら、これらは天然原料のため安心して飲むことができます。

 

ラクトフェリン自体は牛乳から抽出した成分で、天然の原料が使われています。効果が得られるのは、100〜300mg程度だといわれているため、極端に配合量が少ないのは避けることをおすすめします。ラクトフェリンは飲まなくなって直ぐに効果が無くなりますから、こまめに少しずつ摂取することが大切な成分です。